やっぱりキャバクラ嬢は美しく!

面接を受ける前にプチ整形でイメージチェンジ!?

これからキャバクラのお仕事を始めてみたいと考えている女の子に、ぜひ知っておいて欲しいのは、「キャバクラ嬢は見た目が重要」だということです、とくにぱっちりした二重まぶたはオシャレなキャバクラ嬢には欠かせません。
でも、わたしは腫れぼったい「一重まぶた」だからキャバクラ嬢になれないの?と諦めてしまうことはありません。
最近では美容整形で受けられる「プチ整形」で、地味な一重まぶただからくっきりした二重まぶたに簡単にできてしまうのですから、自分のイメージをチェンジしてキャバクラの面接にでかけることを考えてみてはみてはいかがですか。
これからキャバクラの面接を受けてみようという女の子には、プチ整形で二重まぶたを作るのが絶対おすすめですよ、それに最近のプチ整形の技術は以前のものよりもずっと進んでいる上に、気になる料金もぐっとリーズナブルになっていますから、あまり余裕のない女の子でも安心して受けることができますよ。
「でも、自分の顔に傷跡が残ってしまうなんて嫌だなあ」と心配している人にも、プチ整形なら顔にメスを入れて、傷口が残ってしまうような心配はありません、、プチ整形で二重まぶたを作るときには、あなたの理想の二重ラインを決めた後で、美容整形でも使われている特殊な糸を使用して、ピンポイントでまぶたを縫いつけてしまいます、もちろん、目立たないように処理してしまいますから、顔を近づけても見てもプチ整形で作った二重まぶただとは全然気が付かないほどなんですよ。
また、キャバクラのお仕事をしている女の子たちに人気のあるプチ整形には、二重まぶた以外にも、鼻の形を整えて鼻筋をキレイに整えるというものがあります、これは鼻の付け根の眉間の部分に、美容整形で使用されているヒアルロン酸やコラーゲンなどの美容成分を、特殊な注射器で注入して盛り上げるという方法です。
この鼻の形を良くするプチ整形は、テレビでもお馴染みのアイドルグループの女の子もやっているプチ整形ですから、安心してチャレンジすることができますね。
どうしてこんなにプチ整形を受ける、キャバクラ嬢の女の子たちが多いのかという事ですが、これはプチ整形を受けた部分は、そのままにしておくと自然に元の状態に戻すことができるというところが、安心感を与えているからなのでしょうね。
キャバクラのお仕事をはじめるために、プチ整形を受けることを決意したからと言っても、一生その状態のままでいる必要はありません、自分の生活スタイルが変化した時に、もとの自分に戻ることができるのが、プチ整形の良い所なのです。

キャバクラ嬢の肌ケア

キャバクラのお店で働いている女の子に聞いてみると、普段から睡眠部族になりがちな生活をしているせいなのか、「乾燥肌」や「大人二キビ」に悩まされている人が多いのだそうですね。
キャバクラのお仕事と言うのは「指名がついてナンボ」の世界ですから、男性客にモテるためにどの女の子も流行のギャルメイクやファッションで着飾っています、でも実はこうしたキャバクラ独特の働き方に、お肌のいろんなトラブルを引き起こしてしまう原因があるのです。
たとえばオシャレに敏感な女の子には必須のオシャレアイテムとして定着している「付けまつげ」や「つけホクロ」などは、皮膚に直接、ノリや接着剤を塗って張り付けることになりますが、これがお肌の敏感な女の子には大きなダメージを与えてしまうことになります。
私たち人間の体は、昼と夜の時間で体内の働きが入れ替わるということを知っていますか、これは昼間の時間帯に仕事や運動などでためこまれた疲れを、夜の時間帯に疲労物質を体の外に出して回復したり、古くなった体の細胞を新しい細胞に入れ替える「新陳代謝(しんちんたいしゃ)」の働きを活発にするためです。
でも、実はこの体の働きが入れ替わって新陳代謝の働きがもっとも活発になる、夜の10時から翌日の午前2時にきちんと睡眠をとっていないと、この働きが十分に行われず、体に疲れが残ってダルさを感じてしまったり、体の水分が不足して乾燥肌になってしまいます。
でも、夜の10時ってキャバクラなどの飲食店が一番盛り上がっている時間ですよね、いくらお肌のトラブルが心配だからと言っても、指名してくれる男性客をおいて帰るるなんてできません。
そこで、わたしがこの名古屋のキャバクラで働いていたときに同僚に教えてもらった肌ケアの方法をご紹介しますね。女性のお肌にとって睡眠不足は最大の問題ですから、皮膚の細胞がどんどん新しく入れ替わってくれる時間に、まだ起きてお仕事をしなければいけないキャバクラの女の子には、普段の肌ケアと保湿ケアが大切です。
「今日の疲れは今日の内に」と言うのは、お肌についても同じことです、その日にたまったお肌の疲れは、仕事が終わって家に戻ったらお休み前にきちんとケアしておくようにしましょう、面倒だからと後回しにしてしまっていると、朝起きたときにお顔の皮膚がカサカサに乾燥してしまっていたり、余分な水分がたまってムクんでしまうことになりますよ。
そんなことにならないようにするためには、お休みの前にお風呂でメイクをしっかり落としたら、お顔の中心から外側に向かってていねいにマッサージをしてください、こうしておくと皮膚の細胞にたまった余分な水分が体の外に上手に排出されて、よく朝起きたときにすっきりしてくれること間違いなしです。
そして、ベッドに入る前には、保湿成分が含まれた保湿クリームや、美容液をたっぷりお肌に塗りこんで保湿ケアをしておくことを忘れずに、たったこれだけでもお肌の感想を確実に防ぐことが出きるので、夜遅くまでお仕事することの多いキャバクラ嬢の女の子は、ぜひ試してみてください

キャバ嬢と言えばハイヒールだけど…

明るい店内で優しい男性と楽しく会話して、しかもお給料もがっつり稼げるキャバクラのお仕事は、なんといっても若い女の子の憧れですよね、でもそんな素敵なキャバ嬢にも、実は深刻な悩みを抱えている人が多いということを知っていますか。
それはキャバクラでお仕事をしている女の子には欠かせない、「ハイヒール」が原因で足を捻挫(ねんざ)してしまうことなんです。
それならハイヒールなんか履かなきゃいいじゃないか、と言う人はちょっと冷たすぎるかも知れませんね、キャバクラの女の子たちのファッションを思い浮かべて見てください、そうすればキャバクラの女の子たちが、足首を捻挫してしまう危険をおかしてでも、ハイヒールを履かなきゃいけない理由がきっと分かるはずです。
皆さんが持っているキャバクラの女の子たちのイメージってどんなものですか?ほとんどの人は高く盛り上げたヘアスタイルや、少しでもスタイルがよく見えるように選んでいるドレスを想像すると思います。
キャバクラ嬢独特の盛ったファッションは、誰でも見覚えのあるものだと思います、でもこんなキャバクラ嬢独特のファッションでキメていると、少しでも身長を高く見せるようにしていないと、まるで幼稚園のお遊戯会のように見えてしまうのです(ちょっと古いけどミニモニ的なイメージですね)。
日本人の女の子は身長の低い人が多いので、盛ったヘアスタイルにしているとどうしても足が短く見えてしまいます、そのために足を長く見せてくれるハイヒールは手放すことができないんですね。
よく一晩中ハイヒールをはいていて疲れないの?と心配している人がいますが、その点は大丈夫です、お客さんの指名がつくまで待機しているときやなどには、窮屈なハイヒールを脱いでいるし、中には気の置けないお客の席についたときには、さりげなくハイヒールのカカトを外してリラックスしているのです。
でも、このハイヒールってたしかにはいていると背中が伸びて姿勢が良くなるので、スタイルがよく見えるというところが気に入ってはいている人が多いのですが、このハイヒールのおかげで、いろんな足のトラブルに悩まされてしまうことがありますから、いくら気に入っていても仕事以外でハイヒールをはいている人はいないんじゃないでしょうか。
それにおしゃれなハイヒールは極端に先が細くなっているものが多いので、長い時間はいていると汗ばんでくるし、血行が悪くなって水虫の原因になってしまいます、可愛いハイヒールをはいているキャバクラの女の子が、水虫に悩んでいるなんてバレたら大変ですが、実はキャバクラで働いている女の子の持っているバックの中には、水虫の治療薬が入っている確率が高いんですよ。
ハイヒールには足首を捻挫してしまう危険と、なかなか治ってくれない水虫の心配がありますが、それでもキャバクラ嬢の女の子たちは、指名してくれる男性客のために頑張っているのです。